健康予防美容

「何となく調子が悪い」「疲れやすい」「眠りが浅い」「身体の冷え」「肩こり・頭痛」など、いつもより何となく身体の調子が悪いと感じることはありませんか?

病院に行くほどではないけど不調を感じる、病院に行っても数値に現れない、中医学ではこのような状態を「未病」とよび、病気ととらえます。

「未病」=「未だ病気ではない」病気になってしまう前に、体のバランスを取り、早めにケアしていくことが大切です。

健康予防美容のススメー中医学編ー

髪は『血余』『腎の華』

中医学では、髪は血の余りと考えられています。血が十分にあり、血の滞りが無く良好なら美しい髪が保てますが、貧血症状や瘀血(血流が滞った状態)だと、ツヤがなくパサついた髪になります。また、腎は老化やホルモンと深い関係があり、腎が弱まると「抜け毛」や「白髪」など髪の老化現象につながります。

気・血・水は人間が生きていく為に大切な基本物質

気・血・水(津液)3つのバランスが整うことで健康がたもたれます。

それぞれの役割を持っている「気・血・水」(津液)はどれかが不足したり、流れが滞ったりすると、体の不調が起こりやすくなるという互いに影響しあう関係です。

健康予防美容のススメー頭寒足熱美容法ー

*巡りを整える

のぼせや手足の冷えは血液の滞りが主な原因です。体温が35.5℃前後で低い状態が続くと「自律神経の乱れ」「アレルギー症状」「排泄機能の低下」35℃になるとガン細胞が最も増殖するといわれています。血を巡らす事で体温を上げることができます。昔から言われてきた「頭寒足熱」の健康法は、血を巡らせ体温を上げることができ、不調改善に役立ちます。

*頭皮リラクゼーションエステ

ーあなたの健康はあなたの頭皮が教えてくれるー

頭皮の不調はもとより、頭皮の症状(痒み・痛み・抜け毛・白髪など)から身体の未病(病気になる前の不調)に早く気づき、健康的な生活を手に入れるお手伝いの一つとして「頭皮リラクゼーションエステ」があります。

髪・お肌・身体の老化でお悩みのある方

病気ではないが、体調がすぐれない「未病」の方が急増しています。

髪とお肌は身体の鏡。一つでもチェックがある方は健康予防美容が必要です。

チェックリスト

  • ボリュームが出ない
  • 抜け毛が多い・増えた
  • 以前より髪が細くなってきた
  • 以前より薄くなってきた
  • 白髪が増えてきた
  • 分け目が広くなってきた

  • くすみが気になる
  • 顔色がすぐれない
  • 何となく黒ずむ
  • 顔色が黄色っぽい
  • 疲れている顔・老け顔
  • ツヤがない・血色が悪い

身体

  • 疲れやすい
  • 血管が浮いている
  • 青筋が出る
  • 肩こり・腰痛
  • 視力の低下
  • 耳鳴りがする時がある
  • 頭痛・片頭痛があり気候に左右されやすい
タイトルとURLをコピーしました